millibargallery(ミリバールギャラリー)|open 11:30-20:00/休廊日無し(展示により異なります)|〒550-0012 大阪市西区立売堀1-12-17 artniks.bld|e-mail gallery@artniks.jp|tel 06 6531 7821|お問い合わせはアートニクスまで展示情報|規約や詳細はPCサイトにて|06-6531-7821

新着情報
カテゴリー
ミリバールギャラリーについて
リンク
YUKAKO KASAI illustration "RHYTHM" exhibition


2009,7/2 thu- 7/7 tue 11:30-20:00 (最終日は18:00まで)

YUKAKO KASAI illustration "RHYTHM" exhibition

content:イラストレーション

concept:

作品を描くにあたり、常にゆったりとした時間の流れや、音楽を感じる事ができるように意識しています。それぞれの絵が奏でる"RHYTHM"を感じ取っていただければと思います。


5月から始まった「"RHYTHM"exhibition」巡回展示をミリバールギャラリーにて開催。新たな作品も追加展示致します。
さらに期間中ミリバールギャラリーからほど近い、笠井由雅子自身のショップDay Starterにて「"RHYTHM"exhibition」の作品を除く、今までの版画作品30点余りを一挙に展示する「YUKAKO KASAI 版画展」を同時開催します。両会場は徒歩5分の距離ですので、ぜひどちらの会場へも足をお運び下さい。※両会場とも展示作品の販売をおこないます。


笠井 由雅子 ( Yukako Kasai ) プロフィール

1974年 大阪生まれ 大阪在住。
2000年 イラストとオリジナルファッションブランドを製作販売するショップ『Day Starter』を大阪 新町にオープン。

2003年 個展「lo-fi motel EXHIBITION」を開催
2005年 個展「Day Starter ART-FAIR」を開催
2006年 東京・大阪で個展「De-Luxe EXHIBITION」を開催
2007年 個展「Fabulous EXHIBITION」を開催
2009年 個展「RHYTHM EXHIBITION」を開催

独学で絵を学び、版画・切り絵 等の作風でどこか懐かしく温かみのある色使いで、ゆったりとした時間の流れや音を感じさせる独特の世界観を表現。

EGO-WRAPPIN' CDジャケットカバーイラストや、東京スカパラダイスオーケストラのツアーグッズなどの音楽関連のアートワークをはじめ、「NHK みんなのうた」冊子表紙イラストなども手掛けるなど、これまで様々なブランドとのコラボレーションをおこない、多方面で活躍するフリーランスのイラストレーター。自身のショップ Day Starter のオリジナルファッションブランド「Motel Clothing」のアートワークを担当する。


| これまでの展示-2009 | 11:06 | comments(1) | trackbacks(0) |
echino「日傘展」



2009,6/25 thu- 6/29 mon 11:30-20:00 (最終日は18:00まで)

echino「日傘展」

content:テキスタイルデザイン

concept:

テキスタイルデザイナー、古家悦子デザインのechinoファブリッ
クコレクションの中から
お気に入りのテキスタイルでオリジナルの日傘を作りました。
鳥、動物たちのモチーフとechinoカラーが空に映えます。
シンプルでいて、細部までこだわった日傘たちです。

期間中は日傘とテキスタイルを使った雑貨の展示販売致します。


echino  http://www.f-echino.com
  
echino(エチノ)はテキスタイルデザイナー古家悦子のブランドです。
2003年より“色”をテーマに作品を発表、テキスタイルを活かした生活
空間をデザインしています。
2006年よりオリジナルファブリックコレクションをスタート、国内、海
外で発売中。
他にもテキスタイルに限らず、様々なコラボレーションプロダクトなど
も手掛けています。


古家悦子  Etsuko Furuya

テキスタイルデザイナー。
京都芸術短期大学染織学科卒。デザインスタジオ勤務後、個展等の活動
中心に作品を発表。
2003年「echino」を立ち上げる。

| これまでの展示-2009 | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
福本若芽 イラストレーション展「vegetabooo」

福本 若芽 イラストレーション展
second exhibition
「vegetabooo」
6.11(thu)-23(tue)

みずみずしい真っ赤なトマトに、緑色に光るピーマン、
シャキッとレタスに、ゴロロンじゃがいも。

切って、茹でて、炒めて、煮て、
転がり、笑って、あらびっくり。

レシピには載ってない味付けで、
個性豊かなお野菜が勢揃い。

目で見ておいしい、野菜大喜利展へ いらっしゃいませ。

詳しくはこちらもご覧下さい→ fukumoto wakame illustration
| これまでの展示-2009 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
素足音 福田十糸子


素足音
5.28 thu -6.9 tue

張り子のひとたち 中身は空っぽ。
軽いこころで願うこと 自由でありたいきっと。
空のあたまで思うこと 遠くへ行きたいもっと。
空っぽのからだ 空を見る。

福田十糸子の立体造形
作家在廊予定日 30(土)、31(日)、6/6(土)、7(日)

和紙を素材にして、ひとのかたちを張り子につくっています。
柔軟で強く、軽い和紙を素材とするうちに、
いつしか、そこから生まれる「ひと」にも、
しなやかさ、強さ、軽快さを望むようになりました。

今回は、ほぼ等身大の作品を中心に展示をします。
彼らと「共に在る」空間をたのしんでいただけましたら幸いです。


同ビル3階MILBOOKS(ミルブックス)でも期間中、展示・販売をおこないます。書籍に囲まれた中で、ギャラリーとは違った展示もお楽しみ下さい。
| これまでの展示-2009 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
sirusiのグラフィックデザイン展


20090517.jpg 20090522.jpg←展示の様子(クリックすると拡大します)
2009,5/15 fri - 5/26 tue 11:30-20:00 (最終日は18:00まで)

sirusiのグラフィックデザイン展

content:グラフィックデザイン

concept:

今回、初の作品展となる10年目を迎えたグラフィックデザイン事務所「SIRUSI」。
求められているものとは、多くの人に伝わるものとは…。印象にのこる表現を平面に。
アートイベントの図録、カタログ、ロゴマーク、フライヤー、Tシャツなどの作品を展示します。

*本展覧会は、ミリバールギャラリーから始まり、中津にあるクレフテさんhttp://www.mdnc-krafte.com/(大阪を拠点に空間に関するデザインを行う設計事務所。ギャラリー部門では展示だけでなく作品の表現方法を提案し、当ギャラリーでのみ表現される作品の在り方を特徴とする。)と、西宮のウーバレ・ゴーデンさんhttp://www.ugi.jp/(スウェーデン語で「庭を越えたところに」という意味。お店の前庭を越えたところに素敵な食空間と美味しい料理があります。)でも、巡回し展示致します。

■millibar GALLERY
5/15(fri) - 26(tue)

■kraf-te | クレフテ
6/5(fri) - 27(sat)

■over garden | ウーバレ・ゴーデン
7/4(sat) - 20(mon)

| これまでの展示-2009 | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
さっこ 展覧会 「 す き 」


20090502.jpg←展示の様子(クリックすると拡大します)
2009,5/2 sat - 5/6 wed 11:30-20:00 (最終日は18:00まで)

さっこ 展覧会 「 す き 」

関連記事>http://millibarblog.artniks.jp/?eid=988945
| これまでの展示-2009 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
Dent-de-lion 8th anniversary Special exhibition


20090425-01.jpg 20090425-02.jpg ←展示の様子(クリックすると拡大します)
2009,4/23 thu - 4/29 wed 11:30-20:00 (最終日は18:00まで)

Dent-de-lion 8th anniversary Special exhibition

南堀江にある作家の服飾や雑貨を扱うお店 dent-de-lion の8周年を記念した
作家8名による合同展示会。

期間中dent-de-lionでは、くるみボタンアーティストjyatocoの作品展を開催。
dent-de-lionとmillibarのスタンプラリーも行なっており、それぞれのスタンプを集めると素敵なプレゼントをご用意しております。
*millibarGALLERYの一階millibarは、平日15:00-18:00は閉店しております。お気をつけください。
土日祝は、終日営業しております。(26,27日は18時より貸切りとなります。ご了承下さいませ。)


また、最終日29日は、ギャラリー隣りサロンにて、作家kanaによるworkshop:rabbit doll paintとworkshop dent-de-lion broochを行ないます。
詳細は→http://www.dent-de-lion.net/8thmillibar.html



■ kana
立体作品・イラスト等
いろいろな素材を使い
ジャンルにこだわらない作品作りを
展開している。


■ tamao 沼田 真央
手刺繍や革、その他さまざまな素材を組み合わせ、
ファンタジックでユーモラスな世界観を表現する
ブランド"tamao"を立ち上げる。
主な手法にシルクスクリーンと手刺繍を用い、
商品は一つ一つハンドメイドで製作されている。
モチーフに用いるイラストは
すべてデザイナー自身によるオリナジナル。


■ NARUJi/成地 亜紀
1998年より、糸を編み、小物を作り始める。
贈るきもちと、手しごとの温もりを詰めて。
身につけた方の 鍵 になれたら 嬉しいです。


■ tobo  当房 優子
2000年よりバッグ制作を始める。
著書に「toboの定番バッグ」
「toboのいろいろバッグ」
(マーブルトロン刊)。


■ 松尾ミユキ  イラストレーター。
古着の買い付けの仕事のためパリに
1年半住んだのち、雑誌書籍を中心とした
イラストの仕事をしている。
著書に「雑貨カードのつくり方」
(PIEBOOKS)。
またユニットles deuxとして
本や雑貨の製作も行っている。


■ アルケヴァ縫包制作室
「1985年 創作活動開始
動物ほか、縫いぐるみ制作全般」


■ Benique (ベニーク)
木のもの 布のもの 古いもの その他
神戸在住


■ TOCADE. 横山 まさみ
名古屋モード学園ファッション技術学科
在学中よりTOCADE.として製作活動開始。
ステッチワーク、コラージュワークの
1点もののBAG作品を中心に個展、
企画展などで作品発表を行う
2008年より日常服や生活まわりの
布道具などの製作も行っている

| これまでの展示-2009 | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
あめのもりさえこ × 神戸博喜「BLOOM」group exhibition


20090411-01.jpg 20090411-02.jpg ←展示の様子(クリックすると拡大します)
2009,4/6 mon - 4/19 sun 11:30-20:00 (最終日は18:00まで)


あめのもりさえこ × 神戸博喜「BLOOM」



あめのもり さえこ

植物のある暮らしは、なんだか楽しい。
時に心なごませ、時に季節の移ろいを気付かせてくれたり。
花も、葉も、茎も、だまっているように見えるけれども、
日々刻々と変化しているその姿は、人間と変わらない気がします。

そんな植物との暮らしを、色とりどりの小さな絵に描きました。


神戸 博喜

現実にあって、空想のもの。
幻想的な花と、現実にある花の世界が、つかず離れずという
距離感を意識し、その中で花本来のあたたかさ、
やさしさ、繊細さ、大胆さを表現したいと考えています。

様々な情念が感じられ、初めて見る花のような衝撃を感じて
もらえる花を目指しています。



profile

あめのもり さえこ
1986年生 奈良育ち
2008年 京都精華大学デザイン学科卒業。
今回、初個展。
 
神戸 博喜
1981年 滋賀県生まれ
京都、大阪で個展を開催。


作家在廊予定日 11日(土) 12日(日) 18日(土) 19日(日) 





| これまでの展示-2009 | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
temperate PHAGE

2009,3/30 mon - 4/4 sat 11:30-20:00 (最終日は18:00まで)


temperate PHAGE

PHAGEとは感染させる媒介者の意。染織、金属工芸、油絵…。それぞれの作品を見て頂くことで、私達が思い描く世界【ART】へと感染させていきます。

大阪芸術大学生7名によるグループ展


作家:Me / 梵 / hitomi / papa / samoa / sawai / シンドル


Mё ー まるで小宇宙のようなミクロの世界、そこに宿る『生』の魅力を表現している。

梵 ー 自画像を通して自分の中にある言葉に出来ない言葉を表現する。

hitomi ー 普段私たちが見ていても気付かない花の内側を表現すること違うものが見えてくるような、気付きを与えるような表現をする。

papa ー 生命を持っているかのように有機的に増えて蓄積する建物は、人を惹きつけるものがあり、蓄積していく建物と自分の中で蓄積していく想像、二つに共通する「蓄積」をテーマに乱雑で入り組んだ建物を現して、日々の制作としている。

samoa ー 集積物から立体を作っていき不規則な形を楽しむことをコンセプトに制作している。

sawai ー 生命力と内面のリアルを全体のコンセプトに制作している。

シンドル ー 私は作品を描くときにキャンバスの中に人物を描くことで、見る人が感情や空気、物語を感じ、想像できるような制作を意識している。


| これまでの展示-2009 | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
新鋭作家選抜シリーズ展 vol.10 | 高田 学

2009,3/16 mon - 3/28 sat 11:30-20:00 (最終日は19:00まで)


高田 学 | 日本画


 高田 学は、創画会という日本画団体に所属しており、若手の有望株として既に高い評価を得ています。私は、彼の作品を特別日本画という視点で見ているわけではなく、むしろダイナミックな抽象表現主義的な表現に圧倒されています。日本画特有の静かでおとなしい印象とは異なる動的な印象を与える絵画です。

作家在廊予定日 16日(月) 21日(土) 23日(月) 24日(火) 28日(土)


高田 学 略歴

1978年 滋賀県に生まれる
2002年 成安造形大学造形美術科日本画クラス研究生修了

2000〜2008年 第26〜34回 春季創画展 入選/京都市美術館
2000〜2008年 第27〜35回 秋季創画展 入選/京都市美術館
2001年    成安造形大学卒業作品展 優秀賞/三井寺(大津市)
2001〜2004年 京展 入選2003京展市長賞/京都市美術館
        第15回 青垣2001年日本画展 入選/青垣市民センター
2002年     第1回 佐藤太清賞公募美術展 入選/福知山市美術館
        第9回 川端龍子大賞展 佳作賞/和歌山市民会館
        INCUBATION´02 出品/京都芸術センター
2003年     第2回 佐藤太清賞公募美術展 入選/福知山市美術館
        第2回 発言する屏風たち展 出品/京都府立文化芸術会館
2003〜2007年 筍々会展 出品/京都府立文化芸術会館
2004年     京都府美術工芸新鋭選抜展 出品/京都文化博物館
        日本画「京の今日」展 出品/京都文化博物館
2006年     京都府美術工芸新鋭選抜展 出品/京都文化博物館
2008年     京都日本画家協会展 出品/京都文化博物館
         第19回 臥龍桜日本画大賞展 入選/岐阜県立美術館
         第7回 雪舟の里墨彩画公募展 入選/加計美術館
2009年     第1回 京都日本画新展 出品/美術館「えき」KYOTO
        DO−DA 出品/京都府立文化芸術会館



*新鋭作家選抜シリーズ展について:HONMACHI ART GALLERYとシェ・ドゥーヴルにおいて2007年5月よりスタートした企画展ですが、今が旬という若手作家を様々なアート分野から選出して紹介しています。10回目という節目を迎える今回は、西区立売堀にあるミリバールギャラリーとシェ・ドゥーブルでの同時開催となります。

新鋭作家選抜シリーズ

 ヤマダヒデキ(写真右)は務めていた広告代理店をあっさり退職し、現在は写真による表現を試みています。初めはCGとして加工された画像をプリントしていたのですが、今回は、自分で作成した模型(オブジェ)を撮影してラムダプリントという出力で完成度の高い作品を発表します。試験管や昆虫、草花などを意外な組み合わせによる個性的で美しい写真作品です。

 この二人の展覧会を西区のミリバールギャラリーとシェ・ドゥーヴルというほど近いギャラリーで展示します。双方ともカフェを併設していますので、お時間ございましたら、ゆっくりお茶でもしながらご高覧頂ければ幸いです。


企画/大阪アーツプランニング 西野昌克
http://blogs.yahoo.co.jp/honmachiart114



| これまでの展示-2009 | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) |