millibargallery(ミリバールギャラリー)|open 11:30-20:00/休廊日無し(展示により異なります)|〒550-0012 大阪市西区立売堀1-12-17 artniks.bld|e-mail gallery@artniks.jp|tel 06 6531 7821|お問い合わせはアートニクスまで展示情報|規約や詳細はPCサイトにて|06-6531-7821

新着情報
カテゴリー
ミリバールギャラリーについて
リンク
チャンキー松本といぬんこ 青空亭十年分の引き札展

2008.7/6 ( sun ) - 7/12 ( sat ) 11:30-20:00 (最終日11:30-18:00)

チャンキー松本といぬんこ 青空亭十年分の引き札展

急なことですが、わたしたち青空亭の2人で展覧会をすることになりました。以前から、いぬんこが自分たちの制作したチラシが部屋の引き出しにいっぱいあって、整理したいのですが、捨てるのももったいなく…せっかくならこれをまとめて展示できないかなあ〜と話していました。

「青空亭」とはイラストレーター「いぬんこ」と「チャンキー松本」の2人が結婚してから名乗っている屋号名のことです。青空亭と名乗りだして早11年目になりますが、この11年間でたくさんの種類のチラシのイラストやデザインを手がけてきました。そのチラシやDMのイベントのほとんどに、自分たちも出演していたりしました。

今回そのチラシやDMをまとめて展示するわけですが、それらを眺めながら、あらためて「よ〜こんなにたくさんのイベントをやってきたもんだな〜」と思うのです。1つ1つのイベントを実現することの大変さもよく知っているわけですから、過去に実現してきたそれらのを見て、やはり何度も「よ〜やったなあ〜」と自画自賛するわけです。

ここ数年でいぬんこは「レトロ印刷」という印刷の技法を取り入れてから、さらに完成度の高い作品を作り続けています。いぬんこの描く絵の世界と、この印刷の技法が見事にマッチングしているところが魅力を放っているのです。レトロ印刷の良さは、まるで駄菓子の包み紙のようなチープさと、印刷のお値段が非常にリーズナブルなところだと思います。ライブハウスやカフェなどのチラシコーナーにも置いていても、不思議な存在感を放っていたりします。

レトロ印刷を使ってのいぬんこの作品は、ライブハウスやカフェで開かれる音楽イベントなどで使用されて、音楽関係の方からも注目されています。きっと作品が放つ「郷愁とユーモア」に音楽家たちが惹かれているのではないでしょうか…だって「いってよかったな〜」と思えるイベントで、懐かしくて、おもしろいものですから…。

いぬんこは話します「いろんな人がチラシを見て、いってみたい!と思う、魅力あるチラシを作りたい」と…実はその想いこそが魅力を放つ一番の力となるのです。1枚1枚のチラシをまじめにトコトンこだわって作ってきました。その集大成が今回の展覧会です。

レトロ印刷の秘密やら、制作段階の行程なども展示しますし、チャンキー松本が以前組んでいた音楽ユニット「33」の懐かしいチラシやハガキ、ワンマンライブだけで配っていた読み物なども展示します。是非、この「青空亭企画 引き札展」へお越し下さいませ。

==================================================
引き札(引札)ひきふだとは、
江戸時代の商店のPRの為のチラシの名称。テレビも新聞もなかった頃の広告の原点です。浮世絵や錦絵の流れで、時節や縁起物の図柄を取り入れ、各商店が競って華やかな引札を作ったそうです。「お客を引く札」から引札と呼ばれたとゆう説もあります。
==================================================

カフェやライブハウスでちょっと気になる、やけにレトロなフライヤー…。数年前からチラシ界(?)でひそかな「レトロ印刷ブーム」をおこしてきた、挿し絵師いぬんこの懐かしチラシを中心に、アーティストチャンキー松本との青空亭が10年ほどの間に制作したチラシやDMなどの印刷物、約100点の展示。レトロ印刷による印刷原稿や原画の展示、青空亭が関わったイベントの歴史も…。

生チラシを手貼りした、青空亭引き札の生図録を限定10冊ほど制作予定(未定)

青空亭 http://www.aozoratei.com/

オチャマンテ http://www.ochamante.com/




| これまでの展示-2008 | 19:05 | comments(1) | trackbacks(0) |
kozo harada exhibition「カタチ」


2008.6/19 ( thu ) - 6/24 ( tue ) 11:30-20:00 (最終日11:30-18:00)

kozo harada exhibition「カタチ」

2008年初夏、初個展となる今回は『カタチ』と題し、
陶器による日常・非日常の壁を越えた想いをカタチで表現しています。

実用可能な状態でフォルムにこだわりつつ最小化を目指したミニ壷は、
ひとつひとつのカタチにこだわり、その集合体から新たな世界を作り出します。
手から生まれた数百のミニ壷、革という異素材を合わせた花入れ、
素焼き後に彫りをいれた線描図画、使う人の自由な発想で思うままに使える器を展示します。
作り手から見る人へ、見る人から使う人へ、使う人から作り手へ、更なる新しい
カタチが生まれる空間へお越しください。

*会期中、展示販売致します。


触れる

丸いものには丸く

角のあるものには ひとつ ふたつ…の道順で

手のひらから生まれる暖かい空気に包まれる時

カタチはカタチへ変化する

もののカタチ

作り手からの

見る人からの

触れる人からの

使う人からの

生まれ出る カ タ チ


原田浩三 kozo harada profile
2004〜2007年  cafe & bar lejon経営(自作陶器の使用・展示)
2007年     design group「GrandeRoue」を結成 http://granderoue.net/
2008年     自宅工房にて本格的に作陶を開始



| これまでの展示-2008 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
大阪成蹊大学芸術学部 11名 グループ展 「Present」

2008.6/5 ( thu ) - 6/17 ( tue ) 11:30-20:00 (最終日11:30-18:00)

大阪成蹊大学芸術学部 11名 グループ展 「Present」

わたしへ、
あなたへ、
宇宙の全ての生き物へ。
Presentを渡す時、そこには必ず贈り手と貰い手が存在します。
それは物を生み出す私たち表現者にも同じ事が言えます。
何かを生み出そうとする時、そこには必ず伝えたいメッセージがあります。

グループ展・Present。
表現者を目指す私たちはもう一度、その意味を深く考えます。
私たちの11人の作るものが、より一層、多くの人の心に届くように。

大阪成蹊大学芸術学部在学の11名によるグループ展。グラフィック、インテリア、テキスタイル、プロダクトと様々なデザインや、絵画、手法を使って、11名がひとつのテーマのもと創り出す空間を是非ご覧下さい。

□出展者 井垣美帆/石田可奈/井上綾大/入間菜々/植松未帆/土本敦史
鳴尾麿野/藤本泉季/船井綾乃/船垣結希/森田静香

□後援 大阪成蹊大学芸術学部

○井垣美帆○
今回はプレゼントを贈る際に必要とされる「箱」をデザインし、プレゼントとは中身も大切だけれど外面にも気を配れば、より一層人に想いを届けれるという事を伝えたいです。

○石田可奈○

女の子がお化粧で変わるように、食べ物がいつもよりおしゃれに変身したら、きっとあなたも恋してしまうはず。食べることを、もっと楽しんでもらうための魔法をプレゼントします。

○井上綾大○

私は"モダンなこたつ"を展示させていただきます。この作品をとおして、こたつの心地よさや光が生み出す雰囲気によって『家族愛』のような暖かさを感じて頂ければ幸いです。それと同時に多様性もあり、違った形で冬だけでなく年がら年中使用して頂ける作品になっていると思います。

○入間菜々○

終わらないけれど、終わる日が訪れることを願い続ける。無力だけれど、終わることなく願い続ける。花の育つ環境を。あの子に回せ。

○植松未帆○

ふとした時に自分はひとりなのだと感じてしまう。そんなあなたにこのプレゼントを贈ります。決してあなたはひとりなんかじゃないと気付いてもらうために。

○土本敦史○

日々当たり前に思う人たちにもう一度改めて感じてほしい。 “母からのPresent” それを届けるための食器を作ります。

○鳴尾麿野○

花はとてもきれい。見ているだけで心があったかくなります。でもただきれいなだけじゃなくて、花にはそれぞれ花言葉があります。大切なひとに花を贈りましょう。

○藤本泉季○

アクセサリーは何か『特別さ』を与えてくれます。Presentとしては極端な形ですが『特別感』をPresentするためのPresentを私的に表してみました。

○船垣結希○

本当は誰もがもらってる、心に響く贈り物。毎日の中にプレゼント。当たり前だけど幸せなこと。全ての生きるものたちへ。



| これまでの展示-2008 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
la reine Reinette 2008 summer「Pink Sands Beach」


2008.5/29 ( thu ) - 6/3 ( tue ) 11:30 − 20:00 (最終日11:30-18:00)

la reine Reinette 2008 summer「Pink Sands Beach」
ラ・レーヌ・レネット サマーコレクション

la reine Reinette 2008 summerは、”Pink Sands Beach”をテーマにコレクションを展開。ラグジュアリー&リラックスなリゾート気分のワンピースやチュニック、まさにピンクの砂浜を彷彿させるロマンティックな色合いのアクセサリー...etc
大人のゆるやかでドリーミーな世界へご招待致します。

そして、今春登場したQUEENS OF SOUNDS×la reine Reinetteのコラボレーションを記念し、コラボ商品のほか、QUEENS OF SOUNDS×SECOND ROYAL RECORDSのグッズも登場 !

 *展示販売会となります。

 *会場内商品は、商品代+消費税がかかります。またクレジットカードはご利用いただけません。ご理解・ご了承頂けます様宜しくお願い申し上げます。

 *期間中、la reine Reinetteスタッフが駐在しております。ご試着等、可能ですのでお気軽にお声掛け下さいませ。

<about la reine Reinette>

「小粋な服」をコンセプトにしたレディースブランド。エスプリを感じる女らしさやキュートさ、小悪魔のようないたずら心と奔放さ、その両方を持ち合わせた、あかぬけた女(ひと)がイメージ。 コレクションは独自の色彩感・季節感を大切に、春夏秋冬と年 4 回の立ち上げ。2002年冬、洋服をメインに立ち上げ、 2006 年秋よりアクセサリーラインスタート。

webshop・展覧会を中心にコレクション発表と展示販売、また期間限定ショップの開催、そしてセレクトショップなどでの商品展開。シーズンコレクション展以外にも、映画からインスパイアされたファッションを打ち出す展示イベント『LOVE CINEMA』等企画展、millibar gallery (Contents Label Cafe )、 HUMMOCK Cafe、lulu、などとカフェ×ファッション、音楽×ファッションが融合したイベントにも数多く参加、また自ら企画。オリジナル展開だけにとどまらず、ブランド、アーティスト、レーベル、ショップなどと、それぞれの個性を活かし、面白いモノを産み出すことができるコラボレート企画も行う。

la reine Reinette http://www.reinette-web.com/



| これまでの展示-2008 | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
peg「まいにちハンカチ」展


2008.5/21 ( wed ) - 5/25 ( sun ) 11:30 − 20:00

peg「まいにちハンカチ」展


『プロダクトデザインブランド peg(ペグ) 』と『布の可能性を追求する、素材と加工のアトリエショップ FIQ(フィーク)』とのコラボレーション第一弾商品を、ミリバールギャラリーにて発表、販売致します。ハンカチのある毎日をすごそう、をテーマにうまれたこのハンカチは普段ハンカチを持たない人にも見直してもらえるような、ちょっと楽しく毎日使ってもらえるようなそんなハンカチです。
peg × FIQが考えるハンカチ、それはあくまでもハンカチでありながら、ハンカチ以上に楽しみたい、そんな気持ちを込めた商品です。今回、特にこだわったのが”両面づかい”。包む行為や見せるシーンに広がりを持たせれば、それはコミュニケションのツールともなり、人と人とを繋げることも出来るのではと考えます。


アートニクスから、新しいブランド「peg」のスタートのお知らせです。飲食店舗とギャラリーの運営に、プラス プロダクト商品のデザイン、製作、販売の業務をこの度、加えることとなりました。「peg」とは ”気持ちにひっかかるちょっとした発想” を商品にしたい、というコンセプトから生まれたブランドで、持つ人、使う人に空想の余地があり、愛着を持って使用してもらうことによって完成する、そんなプロダクト商品をデザインしていきたいと考えます。ほんのちょっとした「こと」や、さりげない「もの」、少しのひっかかりで生まれる温かい気持ち、日本古来のそんなさりげない美意識を大切にしたものづくりを目指しています。

FIQ http://www.fiq-online.com/

| これまでの展示-2008 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
弓削ナオミ 作品展「いちご」


2008.5/8 ( thu ) - 5/20 ( tue ) 11:30 − 20:00 (最終日11:30-18:00)

弓削ナオミ 作品展「いちご」イラスト

墨の海につま先を
そっと
つけてみました。

その深さに躊躇しながらも、
あたりを見回してみると

どこか懐かしく
こころが
ほっと和む
和の世界。

墨絵、掛け軸、扇子、きもの、茶器…

これらの和ものを小粋にはんなりと表現したいと思います。
ゆったり和みにいらしてください。

●特別イベント「マリー茶会 〜八十八夜〜」 終了致しました。
“graf”の川西万里さんをお迎えしてお茶会を開きます。

夏も近づく八十八夜…新緑の季節、緑あふれ夏の気立つ頃。
ギャラリー併設のサロンに掛け軸を飾り、
弓削ナオミが成形・絵付けした茶器にて
できたての新茶を味わいいただけます。

ほっこりした雰囲気の中、
お茶にまつわる興味深いお話もしてくださいます。

お茶は川西万里さんが本展「いちご」をテーマに
特別に作っていただいたものを2種類ご用意。

日時 5月18日(日)1回目 13:30〜/2回目 16:00〜 ※各回限定8名ずつ
参加費 2,500円(お茶2種/お菓子/お土産付き)
※お着物でいらしてくれた方には特製てぬぐいプレゼント!


川西 万里<プロフィール>
大阪のクリエイティブユニット" graf "decorativemode no.3 所属。
様々な人との出会いやテーマにあわせ、お茶の開発や茶会などの企画を 行う。
人との出会いお茶との出会いを大切に、世界中のお茶を探求しています。
その時、その場所、その人にとってのお茶を提案できるよう、日々精進。

弓削 ナオミ<プロフィール>
イラストレーター。大阪生まれ。京都芸術短期大学卒。
雑誌、広告、CDジャケット、WEBなどで活動中。
“カワイイ”大人をテーマにシアワセ感あふれる女性を得意とし
本展で初めて“墨絵風”イラストに開眼。

弓削ナオミ ポロンペ社 http://www.poronpe.com/

ご予約、お問い合せはミリバールまで。06-6531-7811 millibar@artniks.jp

| これまでの展示-2008 | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
CAFE WEEK 2008 展 


2008.5/1 ( thu ) - 5/6 ( tue ) 11:30 − 20:00 (最終日11:30-18:00)

millibar「CAFE WEEK 2008展」展示

福岡より始まったCAFE WEEKという動きがここ関西にもやってきます。参加57店舗!
4/20-5/11の3週に渡って、東京から沖縄まで、各地で繰り広げられるワルダクミ。
関西では3店舗参加!millibarではCAFE WEEKってこんなん。と、ご紹介します。

■CAFE WEEK期間中 イベント
■millimarket「 ま な か ひ 」
| これまでの展示-2008 | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
いしはら とも「cameleon」

見た事がない壮大な景色が見れます。
それは、素晴しい命のうねりです。


作家より↓
2008.4/24 ( thu ) - 4/29 ( tue ) 11:30 − 20:00 (最終日11:30-18:00)

いしはら とも「cameleon」 写真

印度ラジャスターン州のオアシス“プシュカール”
ヒンドウ暦のカールテイカ月(満月)にあたるこの日、印度全土より約20万人の巡礼者が
ここに引き寄せられてくる。街では異様なまでの興奮と色彩と音が渦巻き、祭りはピークを迎える。
この荒々しい魔力は周囲の砂漠へも伝染していく。

そこには7万頭以上のらくだが辺り一面を覆いつくし、今か今かと新しい主人の帰りを待っている。
らくだ祭りの始まりである…。
その光景は異常の一言に尽きる。
視界、すべてがらくだで埋め尽くされ、見渡す限りらくだの波。
らくだしか存在しない景色。
そこには恐ろしくも奇妙で間の抜けた、らくだのためのらくだの宴がある。
| これまでの展示-2008 | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
ka wae × asagi × sound track × shijimi

今週頭は、2日間限定の作品展示販売になります。
革作品やジュエリー、アクセサリー、ハンドプリント、バッグ…
ギャラリーが様々な輝きや思いが詰まった空間に。両日20時まで。

作家より↓
2008.4/21 ( mon ) - 4/22 ( tue ) 11:30 − 20:00 *2日間限定

ka wae × asagi × sound track × shijimi 作品展示販売


|| ka wae 津山 弘美 http://ka-wae.petit.cc/peach1/ ||

革の上に絵を描くようにカットワークを施し思い思いの生地でパッチワークをし作り上げていきます。kawaeはお客様との対話により産まれるオーダーメード商品です。お客様の思いやイメージを革上に表現していきます。一針一針全てハンドメイドで仕上げていきます。

今回のテーマは『源の中のダイアモンド』
この永遠の宇宙の中にそれぞれが輝くダイアモンドの様に存在している。
そんな事を思いつつも結構ポップな仕上がりになりました。
ランプシェードやアクセサリーも出展します。


|| asagi 北島 麻里子 http://www.asagi-04.com/ ||

神戸生まれ。

セレクトショップでの販売、バイイング、企画を経て'04にasagiを立ち上げる。

天然石を使って自然の美しさやその時々に感じた事をテーマにジュエリーコレクションを展開。‘07より鎌倉へ移住。
  
今起きている事、そしてすべての出会いは完璧なタイミングでやってくる…。
たくさんの素晴らしい出会いにインスパイアされた‘08A/W collection☆
このcollectionが新たな「出会い」につながりますように…。
また、asagiデザイナー北島麻里子と同じくジュエリーブランドLiniEデザイナー新美文栄による新ブランド‘LIFE‘の商品も一緒に展示致します。


|| sound track 狭間 香 http://www.sound-track.biz/ ||

“キューバでラム入りコーヒーを飲んでいるときもゴアのアンジュナビーチでサンセットを満喫するときもアムステルダムの「飾り窓」の下を歩いているときもイスタンブールで後ろからホールドアップされているときもサンフランシスコの本屋でギンズバーグの詩集を物色しているときも!“日常の一瞬一瞬を彩るPERFECTION(完全性)、その背景で流れるサウンドトラックのような商品を作りたい…どんな場面でも服が一人歩きせずあなた自身に溶け込んでゆく。それを持つ人の歴史が、徐々にそれをカスタマイズできるようなもの…。自然と都市、アジアとヨーロッパ、旅と日常などグローバルな視野を基盤にしたもの作りを目指したい。

商品展開:アナログな手法を使ったハンドプリント。自由な精神を投影したオリジナルプリントに特化したブランドをめざしています。(ウール・シルクショール、スカーフ、プリント衣料など)
インド伝統工芸の繊細な細工の入ったゴールドをアレンジしたジュエリーや天然石を使ったアクセサリー。
…素肌にのって美しく映えるもの。体温の上で香り立つSENSUALITY。強さ(毒)と繊細さ(女性性)のアンバランスさを表現したい。他にも天然石を使ったアクセサリーも作っています。(これらの合間あいまにデザイナー自身が旅先で見つけたエキゾチックな商品がときどき登場します。)


|| shijimi 江本 啓子 http://castle201.exblog.jp/ ||

大阪市中央区南船場でcastle westという古着とオリジナル、アクセサリー小物のお店をしています。今回は初のオリジナル商品の展示会。アンティークの生地等をカラフルに使用したバッグなど展開しています。


◯作家は終日在廊しています。

| これまでの展示-2008 | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
岡尾美代子+岡本 仁 「 ポライバル。」

小春日和、陽気に誘われて町にでましょう。
いつもの公園、いつものカフェ、いつもの場所。
カメラ片手にぱちりといきましょう。

詳しくは↓

2008.4/12 ( sat ) - 4/20 ( sun ) 11:30 − 20:00 (初日と最終日は18時迄)

岡尾美代子+岡本 仁 「 ポライバル。」


ポラロイド+ライバル=ポライバル。

ともにポラロイド690カメラを愛用する、スタイリスト 岡尾美代子と編集者 岡本仁が、旅の途中や散歩のついでに撮りためた写真を集めて二人展を開催します。

まったく別な場所で、違う雰囲気を持った人や物に興味を示し、申し合わせもせずに撮影しているのに、どうしてこんなに似ているのか。

人生観が似ているのか、育った環境が似ているのか、好みが似ているのか、それとも血液型が同じなのか、やっぱりカメラが同じだからか。

二人のポラロイド写真を見比べて、その答えを考えてみてください。


*期間中、ポライバル。カタログ(1200円税込)を販売しています。ギャラリーにサンプルがあります。ご購入を希望される方は一階レジまで。数量限定。
先着50名様、岡尾美代子+岡本 仁のサイン入り!


*一階ミリバールにて、展示されていない作品をゆったりとした時間の中、ご覧になれます。是非、スタッフまでお声掛け下さい。


| これまでの展示-2008 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) |