millibargallery(ミリバールギャラリー)|open 11:30-20:00/休廊日無し(展示により異なります)|〒550-0012 大阪市西区立売堀1-12-17 artniks.bld|e-mail gallery@artniks.jp|tel 06 6531 7821|お問い合わせはアートニクスまで展示情報|規約や詳細はPCサイトにて|06-6531-7821

新着情報
カテゴリー
ミリバールギャラリーについて
リンク
<< 第3回 swimy協同企画公募展 おんさ | main | 尾畑涼子 個展「祈りのかたちに似ている」 >>
鈴木 裕之 個展  ナンセンス余白




鈴木 裕之 個展  ナンセンス余白


ノートやテスト用紙の隅っこ、又はちらしの裏側などに描く超馬鹿馬鹿しい落書き小宇宙。そんな落書き?絵?をずっと描いていたら、ヘンテコな絵がいっぱいに。無意味な意味深、思わせぶりで不安定。年寄りor老人的PUNK精神。非常にロンリーな最後の極北イラストレーター鈴木裕之によるアホらしくも愛くるしい?絵の数々。そんな個展「ナンセンス余白」をお楽しみください。

※期間中、鈴木氏とZARADAによるzine的画集、限定販売します!

※初日17日より、ライブペイント開始します!展示期間中にじょじょに増え広がってゆく落書き小宇宙。こちらも是非!ご覧ください。(時間や日程は不明。作家が在廊時、徐々に。)




------------------------------------------------

『初めて見た瞬間からずっと引っかかりっ放し。言葉にするまえの、これ好きやわという感覚。鈴木君の絵を音にしたような音楽が僕の理想です。』
森雄大(neco眠る)

『スーちゃんのスケッチブックを見てると顔の筋肉だけでなく脳内がほころんでくる。▼いい画だね「カオスほがらか」▼言い得たね♪』
gulpepsh

『鈴木君の絵にはほれぼれする。なんてったって線がいい。筆圧がいい。速度がいい。それに加えて表情がいい。ポーズがいい。なおかつおもしろいんだから、もう理想。感嘆。陶酔。』
二階堂和美

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
紙とペンとの信頼関係 C
蜜月(ハニムーン)の Dm
時期にあり G
それはもはや鈴木という C
老舗のいなせな Dm
バンドやねん Em
今日もジャストなグルーブをDm
彼等(vo.鈴木本体/dr.紙/ba.鉛筆)なりの
冴えたやり方で Em
ひそやか Am に B♭
お見舞いしている B♭
人知れずと C
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ytamo(ウリチパン郡

『鈴木裕之くんは大阪市のマークがカッコいいことを教えてくれた人です。何かまじめなことをするとき、「最後はむちゃくちゃにしましょう」とかさらっと言う人です。だから描く絵は平気で人の心を宙ぶらりんにして、本当はぜんぜんかわいくない。かっこいいとおもいます。』
梅田哲也

『鈴木くんのここまでとこれからを考えたら、いまこの時期にこうやって仲良くなれた、知り合えたってのは同世代に生きている強みだなーと思ってます。路上から宇宙。ライブハウスとクラブと友達の家。全部同じ線上で音楽みたいに作品がシンプルながら雑多に混ざって、憎たらしくて愛らしい。忘れない作品たち。大好きなレコードと同じで家に欲しいよね、全部。僕は凄い好きだなぁ。個展、是非東京でもやろうよ!』
角張 渉(KAKUBARHYTHM

『絵について僕が書けることなんて「好き」か「ピンとこない」くらいのもんで、それなら鈴木くん自身のことを書こうと思ったんですが…実はまだよく分かってないのです。ちょっとしたきっかけで一年ほど前からフリーペーパーの「編集長」と「イラストレーター」という関係に陥り、その後もわざわざ月に一度は飲み…もとい打ち合わせに出歩いているんですが、家に帰ると「あれ、今日って結局なに喋ってたんやろ…まあええか」という按配。どろどろしてるけど、それが不気味でも不快でもなく、むしろ心地いいというこの感じ、やっぱり絵にも通じてるのかも。「分からんなー」とか言いながらニヤニヤ楽しめるような、そんな個展を期待しております』
吉田雅生@おとうた通信

『散歩節に自転車節、なんやかや節にボッチャン節、老人節にかわじゃん節、おっさん節、UFO節、赤ちゃん節、・・・・原始人の散歩は永遠・・・ウェル・カム・トゥ・驚き世界!!鈴ちゃんありがとう!!!!』
指吸 長春(芸術家)

『今スーサンが世に出してる作品は、以前僕にくれた個人的な手紙と大差ない。そういう公に見えない営みから始まってる。普段から続いてるものだからこそ、みんなに伝わる。昨日今日に始まったもんじゃない。』
松井 一平(TEASI

『わんら〜 スーちゃんの絵は「わんら」。わんらて何やねん!て、わんらはスーちゃんがよう使う言葉です。わんら〜てようゆうてる。わんらてどーゆー意味じゃ?て意味なんかあるかーい!!わんらは意味ではなく、わんらは感覚です。わんらという感覚がスーちゃんに、ある。スーちゃんの絵に、ある。うちも、ある!!だからスーちゃんの絵好きやねんな、わんら。スーちゃんの絵に反応するあなた、わんら。スーちゃん個展おめでとうわんらー!!!』
DODDODO

『小さいおっさん、変なヤンキー、デカ過ぎるお尻、などなど。スケッチブックに所狭しと描かれた無数の、なんやこれ? これらはカワイイや脱力だけでは計れない、勇敢なるナンセンスの放置だ。きっと会場を教科書の隅だと考えている小学23年生、鈴木裕之の余白芸術展をおおいに讃えたい。または呆れたい。』
中村 悠介(IN/SECTS

------------------------------------------------

プロフィール
1980年大阪生まれ。イラストレーター。
バンド「neco眠る」や「BRAZIL」のアートワークや「紙のおとうた通信」表紙と四コマ。
その他、数々のデザイン等を手がける。よく屁をこく。



[作  家] 鈴木 裕之(イラストレーター)

[期  間] 2010年07月17日(土)〜07月24日(土)
[時  間] 11:30〜20:00(最終日24日は18時まで)
[在  廊] 17日(土)、18日(日)、19日(祝)、24(土)
[休  廊] 21日(水)
*1F millibarは営業時間11:30-14:30・17:30-23:00/水曜定休/火曜 ランチのみの営業





| これまでの展示-2010 | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment
下記フォームより投稿ください ▼









trackback
http://gallery.artniks.jp/trackback/1597975